[Mr.Mineralplanter ]Mirror

鉱物画や棘、ロシアのウスペンスキー聖堂がお好きなお客様からのオーダーでした。

お部屋の壁にはマークロスコのピンクとグリーンのポスターや、ナタリーレテの時計など飾られているとの事。

そこに並ぶnuicoの鏡なので、nuicoらしい多色の組み合わせはそのままに、ただpopな雰囲気ではない、少し怪しい雰囲気もプラスすることに。

鏡は、ひっそりとロシアの森に住む博士「Mr.Mineralplanter」ミネラルプランター博士が研究を重ねる研究所が舞台です。

独自に開発した鉱物が生えてくる植物を開発した博士。

ロシアの空港で目にしたこれでもか!というくらい柄x柄のスタイルだった女性を思い出し。

この鏡は全体がみっちりと密集したもので覆われているくらい要素を普段の倍くらい増やしました。

トップにはロシアのウスペンスキー聖堂をイメージした玉ねぎ屋根を。象徴的な星はビーズで丁寧に刺繍して仕上げました。

またイタリアンビーズでイメージにぴったりのものを見つけたので、博士が集めている石をイメージして、敷き詰めたパーツ。

刺繍のモチーフがおお好きとのことでしたので、棘のツタや鉱物、博士の著書や、ルーペなど様々なものを横降り刺繍で作りました。

鏡からは、蚕の光る糸をイメージして白い小さな石をつなぎ、月のモチーフのビーズを入れて、透ける光によってグリーンにもブルーにも見える、

何とも言えない色合いの6面体の特大ビーズにタッセルをぶら下げ、鉱物が出来上がる月夜の瞬間をイメージしました。

※写真は完成一歩前の状態です。最終は下のピンクの部分にも少しイバラを追加しました。

mm1

mm5

mm11

mm9

mm8

mm7

mm6

mm4

mm3
mm2

mm10

blog